pMDI(加圧式定量噴霧式吸入器)を効率よく使用するための“補助用具”です!

スペーサーとは

喘息治療には、吸入療法が用いられますが、これには

@ネブライザーを用いる吸入療法
ApMDI(加圧式定量噴霧式吸入器)等を用いる吸入療法に分けられます。吸入薬としては、

 β2刺激薬(サルブタモール、プロカテロール)
 吸入ステロイド薬(プロピオン酸ベクロメタゾン、フルチカゾン)
 抗アレルギー薬(DSCG)
 抗コリン薬(臭化イプラトロピウム、臭化オキシトロピウム)等があります。

AのpMDIによる吸入療法は、吸入する際の手技が幼児や年長者には難しく、上手に吸入を行うことが出来ません。この吸入操作を円滑に出来るように開発された補助用具が「スペーサー」です。スペーサーの語源は、英語のスペース(空間)です。

直接、患者さんの気道に送り込むのではなく、一旦スペーサーの空間に滞留させて、ここに充満させた薬物をゆっくりと落ち着いて吸入させる。これが、この補助用具の概要です。

野球に例えますと、バッティングマシーンから放られた動くボールをバットに当てるのは難しいのですが、ティーバッティングのように止まっているボールをバットに当てるのは容易です。スペーサーは、この「ティー」の役目をします。pMDIを使用する際に必要な、噴霧と吸気のタイミング、息止めなどの特別な手技を必要としないので、幼児や年長者の方々に相応しい補助用具になり得ます。

 

スペーサー使用の利点

タイミングをはかる必要が無いため、1回の噴霧された薬物を無駄なく吸入することが可能となります。

口と喉の中に残らないようにするため、不愉快な後味を残さないようにすることが可能です。

3.

口の中に残らないので、カンジダの繁殖等の副作用を縮小することができます。

ゆっくり、そしてより多く吸入することが可能です!

当店が販売する、2つのスペーサーの特徴

「ボアテックス」は、特殊な溝が付いたアダプターにより、患者さんの吸気によってスペーサー内に渦状の気流が起こし、吸気流量が少ない患者さんでの効率よく吸入できます。

「ファンへラー」は、“やる気”が出るお子様向けのスペーサーとして、世界的に使用されています。吸入すると連動して動く動的なマスコットがお子様のやる気を起こし、主体的に深い吸入効果を促します。

 


★ご希望の方は、写真をクリックして詳細をご覧下さい。

ボアテックス

ファンへラー
税込価格:1,852円

税込価格:4,995円

 

クリックしますとページが表示されます

 

| 前のページへ | トップページへ |

上へ

有限会社 クリエイト

〒828-0026 福岡県豊前市清水町119
日本商工会議所認定 一級販売士